電力自由化が始まる前まで、私たちは地域で決められた電力会社だけが独占していて高い電気料金を支払っていました。

現在では、自然の力を借りた太陽光発電や風力発電などの発電事業が始まり、電力自由化を意識した事業が次々と立ち上げています。

電気力を安くするプランも、電力の自由化とともに色々なプランを打ち出されていますが、どんなプランが安いのか検討をしていくのが大切です。

電力自由化とは?

2016年の4月になると、一般家庭への電力供給は、法律の改正によって電力会社の供給だけではなく、他の産業から自由に参入出来るようになり、一般家庭は今までの電力会社以外から電力を購入できるようになりました。

それまでは地域の電力会社が設定した価格だけでしたが、自由化によって、エコ発電や、携帯電話会社やガス会社の独自のプランが発表されています。企業体や個人などの好みによって自由に自分の生活にあった電力プランを選ぶことが出来ます。

それまで、自宅や企業などで発電をすることが出来ても、余った分の電気は全て地域の電力会社に買い上げてもらう事しかできませんでしたが、自由化によってそれが可能になります。

それぞれにあったプランで電気の供給を選び、自分たちにとってはお得のプランを選ぶことができます。

電気代設定の謎

従来の電力会社は、電気料金の設定方法として、経費などを積み重ねていき利益を乗せて算出するという「総括原価方式」という計算法をとっています。

「総括原価方式」には、電力会社の今まで建設した発電所などの維持費も含まれており、電気料金が高くなっていても競合する電力会社がないので顧客を独占している状態でした。

電気代は安くなるのか?

自由化の後にそれぞれのプランが電気を供給する企業体からプランが出されています。

今までは、地域の電力会社のプランしか選ぶことはできませんでしたが、それぞれの生活パターンや、普段利用しているサービスに合った電力会社のプランを選択できるようになりました。

従来の電力会社の料金方式において、使う量に応じて単価が上がっていく「3段階制料金」などを利用している人が多く、電気を沢山使ってしまうと割高になってしまう傾向がありました。

今後は、電力自由化によって多種業種の参入なども多く、電力会社を自由に選ぶことが出来るようになった為、「電気料金」と「電話料金」を同じ会社で支払うと、ポイントが貯まるお得なプランがある等、それぞれの生活のパターンでのプランも自由に選ぶことが出来ます。

「自分はどこの会社が一番良いのだろう」と改めて考え直す事により、電気代を安く抑える事ができます。

 

今「電力の自由化」は、それぞれの生活にあったプランを自分で選ぶことができ、豊かな生活を自分で計画立てることができるという、未来を感じる生活を迎えています。

※お役に立てましたら、『ランキング応援』『シェア』をお願いします!