芸能人が闘病を公表したこともあり、「乳がん」への関心が高まっています。それでは、乳がんの早期発見・治療には何が大切なのでしょうか。

日常的にセルフチェックを怠らないこと

乳がんは、しこりを見つけることで自分で発見できる病気です。

しこりがあっても乳がんではない可能性ももちろんありまずが、どちらにしろ、きちんと治療を受けることが必要です。

入浴時に手に石鹸を付け、指を4本そろえて乳房を押さえ、押さえる場所をどんどん移動することで、調べることができます。

仰向けになって調べるときは、背中の下に薄い枕や畳んだタオルなどを敷いた状態で、腕を上げて乳房の内側、腕を下げて外側、わきの下、乳頭、と調べていきます。

また、鏡であらゆる角度から乳房を観察し、異常がないか見ておくことも重要です。

検診をきちんと受けること

乳がんの検診には、視触診の他に、大きく分けて「マンモグラフィ検査」と「超音波検査」があります。

前者は、X線検査のことで、乳房を挟み込んでレントゲンを撮ります。後者は、エコーのことで、探子を動かしながら、動画で見ていきます。

「マンモグラフィ検査」は、石灰化(カルシウムの沈着)を見つけることに優れており、診断に医師の経験に左右されにくいというメリットがあります。

しかし、乳腺に異常が隠れやすく、乳腺が発達している若い人よりは、40代以降の人に向いている検査方法のようです。

一方、「超音波検査」では、検査を行う医師の力量に左右される面があるものの、5mm以下の小腫瘤でも見つけてもらえる可能性があります。エコーは脂肪が多いと見えにくくなるため、こちらは若年層に向いていると言えそうです。

この二つのメリット・デメリットを押さえたうえで、自分で検査方法を選んで受診することが大切です。

セカンドオピニオンを受け、主体的な病院選びを

がん治療は、患者のライフスタイルに大きく関わるものです。したがって、診断をもう一度受ける、治療方針を自分で選択するなど、主体的に関わっていく必要があります。

乳がんの「セカンドオピニオン外来」を設けている病院も多数ありますので、医師との相性も含め、少しでも安心して治療が受けられるよう、主体的な病院選びを行っていく必要があるでしょう。

 

上記に示したことは、よく考えれば当たり前のことばかりです。

しかし、これらを冷静にこなすことが、あなたを守っていくでしょう。

 

※お役に立てましたら、『ランキング応援』『シェア』をお願いします!