「ポケモンGo連載」、3回目は「ポケストップ」について掲載します。

ポケストップを巡ってアイテムをゲットしよう

ポケモンgoには欠かせないモンスターボール。課金で手に入れることもできますが、各地に点在するポケストップから手に入れるのが基本ですね。モンスターボールやその他のアイテムをたくさんゲットするために、ポケストップをいっぱいめぐりましょう。

効率よく遊ぶためには、やはり複数のポケストップを同時に回せる場所に行きたいものです。残念なことにポケモンgoの画面では自分の周り数百メートルしかマップに表示することができません。拡大・縮小しても遠く離れたポケストップを見ることはできないのです。

専門サイト「ポケストップgo」を利用しよう

筆者が愛用しているのは、『ポケストップgo』というサイト。ポケストップとジムが検索可能で、おまけにポケストップが入る飲食店まで表示されます。

%e3%80%90%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b1%e3%83%a2%e3%83%b3go%e3%80%913%ef%bc%8e%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%82%92%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e3%81%97%e3%81%a6

こちらのデータはポケモンの開発元であるナイアンティック社のヒット作、Ingressのポータルをベースに作られているようです。

「トレーナー」になってポケストップgoを置こう

青いポケストップのマークが沢山集まっている場所をチェックして遠征に出かけましょう。緑色のポケストップはまだ未確認なので、実際にそこにあるかどうかは行ってみないとわかりません。ジムになっているケースも少なくありません。逆にポケストップgoには何も表示されていないのに、実際にはポケストップやジムがあるというケースも珍しくありません。せっかくなのでポケストップgoにトレーナー登録して、マップにどんどん青いポケストップを置いて行きましょう。

新規登録は簡単、利用規約に同意したらトレーナー名とポケストップgo用のパスワードを決めて入力し、指定のスクリーンショットを送るだけです。スクリーンショットはトレーナープロフィールの画面のもので、各スマホで撮影したものを使用します。登録が終わったらPCのブラウザでのログインも可能なので、家でじっくりどこに遠征するか吟味するといったこともできますね。

登録トレーナーになると、ポケモンの発見報告もできるようになります。事前にポケモンの巣をチェックすることもできるので、図鑑を埋めたい時やアメをたくさん集めたいときに参考にするといいかもしれません。

駅や観光名所、市役所、大きな公園などには多くのポケスポットやジムが設置されていることが多いようです。出かける前のポケストップgoで効率よく楽しくポケストップ巡りをしましょう。

 

NEXT記事 ⇒ 「ポケモンの巣へ行ってきました

「ポケモンGO」に関する記事一覧は「こちら

 

※お役に立てましたら、『ランキング応援』『シェア』をお願いします!