前記事「街コロマッチの遊び方① ~ランドマークを建設しよう~」の続きとなる本記事では、それぞれの色ごとの施設の発動効果について解説する。

街コロマッチには、マップ上に建設できる施設が4種類用意されており、それぞれの施設によって発動効果が違うのが特徴だ。

それぞれの施設効果は、自然⇒商工⇒飲食⇒娯楽の順番で発生することは、施設を建設する上での戦略で非常に重要な点なので忘れないでおこう。

IMG_0285

それぞれの色ごとの施設の特徴について解説していきたいと思う。

青色の施設(自然)

青色の施設は、全員のターンで施設が置かれているダイスの目が出た場合、プレイヤー(自分)が若干のゴールドを得られる効果がある。

緑色の施設と比べて得られるゴールドの額は少ないものの、「自分・敵・味方の誰がその数字を出してもゴールドを得られる」というメリットがあり、よりゴールドを獲得できる確率が高くなるのが特徴だ。

その為、 安定して確実に資金を貯めるプレイスタイルが好きな人は、青色の施設を中心とした手札の組み合わせにする事が多い。

一緒の列に設置すると相性が良い施設として、味方や敵のゴールド獲得効果がある青色・紫色・緑色の施設が立っている列と相性が良い。

デメリットとして、緑色の施設や紫色の施設と比較すると獲得できるゴールドの額が少ない為、相手が緑色や紫色でゴールド獲得をガンガン狙うタイプだと、力負けする可能性が高い。また、敵に赤色の施設を同列に置かれると、獲得ゴールドが少ない為に得たゴールドを全て奪われてしまうという点もある。

IMG_0287 IMG_0288 IMG_0289

赤色の施設(飲食)

赤色の施設は、自分以外のターンで施設が置かれているダイスの目が出た場合、プレイヤー(自分)がダイスを振った相手からゴールドを奪う効果がある。

「ゴールドを奪う」という効果を持つ赤色の施設は、他のプレイヤーに「この列のダイスの目を振りたくない」という心理効果(プレッシャー)を生み出すだけでなく、相手のゴールドを得られる施設(青色・緑色・紫色)の効果をやわらげたり、利用したりする効果がある。

一緒の列に設置すると相性が良い施設として、相手のゴールド獲得効果のある青・紫・緑色の施設が立っている列と相性が良い。(重要:例えば、同じ列に違う色の施設が建設されていた場合、赤色の施設の効果が最後から2番目に発動するルールとなっている。その為、他の人の緑色・青色のゴールド獲得効果が発動した後に、赤色の施設効果が発動する為、『相手がお金を持っていなかったので、200ゴールド貰えるはずが100ゴールドしか奪えなかった』という無駄が無くなる。)

デメリットとして、チーム戦の場合は味方からもゴールドを奪ってしまう為、注意が必要。なので、味方の主要な資金源になっている+効果列には設置してはいけない。また、相手の紫色の施設とも相性が悪い。誰も何も建設していない列に設置するのもあまり望ましくないので、必ず相手の施設と一緒に設置しよう。

IMG_0293 IMG_0294 IMG_0295

紫色の施設(娯楽)

紫色の施設は、自分のターンで施設が置かれているダイスの目が出た場合、プレイヤー(自分)が任意の相手からゴールドを奪える効果がある。赤色と違うところは、「誰から奪うか」というのを選べるという事が大きな違いだ。

赤色の施設は、ダイスを振った相手がゴールドを持っていなかった場合、1ゴールドも手に入らない可能性があるが、紫色の施設は「誰から奪うか」を選べる為、2-2のチーム戦や4人での対戦時に非常に活躍する。2-2のチーム戦では、『味方からゴールドを吸えばランドマークを建てられる』という状況であれば、わざと味方からゴールドを奪い、ランドマークを建設するという荒業も可能なのだ。

一緒の列に設置すると相性が良い施設として、ゴールド獲得効果のある自分の青色・緑色の施設が立っている列と相性が良い。1列に紫色の施設を2~3つ設置すれば、全員から一気にゴールドを奪い1発逆転といったプレイ可能である。大抵の 場合は、敵がランドマーク設置を狙って大金を抱えているタイミングでゴールドを奪い尽くすのが非常に効果が高く、きもちいい(笑)

デメリットとして、赤色の施設と同様、敵がゴールドを持っていなかった場合、ゴールドを獲得できない事と、敵がプレイヤー(自分)の紫色の施設の列のダイスを振っても、全く影響が無い為、敵へのプレッシャー要素に欠けている。

IMG_0298 IMG_0297 IMG_0296

緑色の施設(商工)

緑色の施設は、自分のターンで施設が置かれているダイスの目が出た場合、プレイヤー(自分)が大量のゴールドを得られる効果がある。青色と違うところは、「ゴールドを得る為には必ず自分のターンでなければならない」ということと、「獲得できるゴールドは緑色の方が多い」ということだ。

緑色の施設は、施設のゴールド獲得効果が高い為、1列にまとめて建設すればゴールドをガンガン獲得でき、一気に勝利を目指す事も可能である。

ただし、緑主体のデッキにしてしまった場合は、相手のターンにはゴールドをほとんど獲得できない為、狙った目を出す運が必要になる。

デメリットとして、他の色よりもゴールドを獲得しやすく、大量のゴールドを常時持つことが多い為、相手が赤色や紫色を主体とした「相手のゴールドを奪う」という戦法を使ってきた場合は、ゴールドを大量に奪われた上に逆転されてしまった、ということも起きやすくなるので注意が必要です。

他の色の施設と組み合わせつ つ、自分のメインの資金源として、「1発を狙って1列で建てに発展させる」か「どの目を踏んでも安定するように横に繋げて発展させるか」という感じで、フィールドの状況次第で使い分ける事が重要です。

IMG_0292 IMG_0290 IMG_0291

 

施設の基本的な特徴は、このような感じです。次回は『キャラクターカードの特殊効果』について説明します。

 

街コロマッチに関する記事一覧はこちら

 

※お役に立てましたら、『ランキング応援』『シェア』をお願いします!