見下ろし型の隠密アクションゲーム、「Shadow Tactics Blades of the Shogun」が海外PCプレイヤーの間で人気になっています。

今月12月6日にリリースされたこのゲームは、Steamで「非常に好評」の評価を得るなど、まずまずのスタートを切ったもようです。

German Game Developer Awards 2016 では、Best German GameとBest PC/Console Game/Best Game Designの3つのタイトルを獲得しています。

 

時代は日本の1,615年の設定となっており、ゲーム自体は5人の様々な技能を持ったキャラクターを操作して、暗殺・工作・情報収集などを駆使して、目標を攻略していきます。

メタルギアソリッドをやったことがある人なら分かるかと思いますが、メタルギア同様、敵は「目で感知する」、「耳で感知する」といった仕組みがあり、システム面もよく作りこまれているのではないかと思います。

(詳しくは動画にて)

 

私が思った感想としては、このゲーム、PCゲームで過去に発売された「コマンドス」シリーズの日本版という感じですね。コマンドスは数々のアイテムを使いながらという感じでしたが、このゲームでは各キャラクターに用意されたそれぞれのスキルを使用してゲームを進めるというスタイルの為、フィールド上のアイテムを利用するという概念は無いようです。

 

こちらのゲーム、12月10日時点では、10%割引の4,032円で発売されています。日本語にも完全に対応している様なので、是非プレイされてみてください。

 

Steamサイトはこちら

 

※お役に立てましたら、『ランキング応援』『シェア』をお願いします!