先月、中国湖南省で地上200階の高さに「世界一高い橋」がオープンしました。

世界一高い橋とは?

8月20日に中国の湖南省の峡谷で、世界一の長いガラスの吊り橋がオープンしました。

このガラスの吊り橋は珍しい形の切り立った山の断崖が特徴的な景勝地であり、大ヒットした映画のアバターのモデルとなった景観があることで有名です。

吊り橋は長さが43メートルで、地上からの高さ約300メートル、ビルの高さにして200階の高さにあります。

気になる安全性は?

オープンの前には、安全性を証明するために橋の上で車を走らせる等十分なテストを行ったほか、昨年、別な地域でオープンしたガラスの山道で利用者がコップを落とした際、ガラスに亀裂が入ってしまったことを考慮し、ガラスをハンマーで叩くなどのパフォーマンスをしていました。

オープン後、パフォーマンスが功を奏し、1日8千人の人数制限に対し、1万人を超える人々が毎日押しかけましたが、国営の報道メディアによると「橋の安全性を高めるため、内部システムの改良をする」という理由により、オープンから僅か2週間で閉鎖されてしまいました。

橋を運営する会社は、「橋を訪れる大量の観光客に対処するために、ソフトウェアやハードウェアを更新する」と発表しましたが、閉鎖解除についてはハッキリとした日時は発表していません。

閉鎖により訪問出来なくなった観光客から、「予約金を支払い、楽しみにしていたのに急に閉鎖され、日程変更できず困っている」という投稿がソーシャルメディアに寄せられている様です。

閉鎖された本当の理由は?

閉鎖の本当の理由については、吊り橋の運営会社からその後発表がされておらず、多くの人たちは「橋は無期限に閉鎖するのではないか」「世界一という称号を得るためだけに、安全性を考えず作ったのではないか」と感じている様です。

世界中の人々の関心を集めたこの吊り橋は、Twitter等で「リサーチなどせずに、世界一の称号のために作っている」や、「世界一にこだわりすぎて、メンテナンスのことを考えていないのでは」と書かれるなど、橋そのものだけでなく国民性についての厳しい指摘が相次いでいます。

今後、このガラスの橋はいつ再開するのか、非常に気になるところです。

※お役に立てましたら、『ランキング応援』『シェア』をお願いします!